講師陣

岸田 容男(Yoshio Kishidta) / ドラムクラス

京都府出身。京都府出身。Jazz喫茶を経営していた祖母の影響で幼少から 音楽に親しみ、高校1年でドラムを始める。卒業後チキンシャックのドラマー のマービン ベイカーのローディーになったのを、きっかけに、ファンク R&B soulなどブラックミュージックにのめり込み、19才でプロ活動を開始。 以降、Dream Come True、や DA PUMPDA BUBBLE GUM BROTHERS などのサポートを経て、現在は ENDRECHERI(堂本剛プロジェクト)スガシカオ西野カナAI三浦大知をはじめ、ダンス、ヒップホップ、ブラック 系フュージョン、ジャズなどを多岐にわたって活躍中。

日野"JINO"賢二 / ベースクラス

幼少期から約30年をNew York で過ごし、音楽と芸術の名門「ラガーディア高校(LaGuardia High School of Music & Art and Performing Arts)」を卒業。10代の頃からプロミュージシャンとして、マーカス・ミラーやジャコ・パストリアスなど数々のビッグネームミュージシャンとセッションを重ねる。2003年に帰国後は、MISIA、AI、Def Techなど数多くのアーティストのライブサポートを行なうほか、アレンジャーやプロデューサーとして、Boyz II Men、西野カナなど数々のレコーディング・ワークスに携わる。JINO JAM 等、自身のバンドも精力的に活動。 国内トップミュージシャンとして第一線で活躍している。

カワサキ 亮 / ベースクラス

1995年生まれ。三重県伊賀市出身。
2016年 青山学院大学 Royal Sound Jazz Orchestra、翌年、国立音楽大学 New Tide Jazz Orchestraとして活動。
2020年より、米澤美玖(Sax)、友田ジュン(Piano)、竹内大貴(Drum)と共に「Project M」として活動。"The Masterpieces"シリーズとして3枚のアルバムを発表し、いずれもAmazonの日本のジャズカテゴリーで一位を獲得。
「ポケットからきゅんです!」でブレイクした"ひらめ"のライブサポート他、ゲームディング、CM出演等、ウッドベース(コントラバス)、エレクトリックベース、どちらもこなし、多ジャンルに渡り活躍中。

窪田 想士(Soshi Kubota) /
KIDSクラス・作曲 (音楽理論)クラス

北海道札幌市出身。 ビッグバンドアレンジャー、作編曲家、ジャズヴィブラフォン奏者、パーカッショニスト。
武蔵野音楽大学卒業後、バークリー音楽大学に奨学金を得て留学、2017年卒業。帰国後はʻʼ草田一駿五重奏体形ʼʼ、”Orquesta de la MADRUGADA” にヴィブラフォン奏者として参加するほか、自身のジャズフュージョンユニット ”The Scottfields” を主宰。また「幻想水滸伝」や「UNDERTALE」等、ゲーム音楽のアレンジも手がける。2020年度、2021年度にはフジロックフェスティバルに出演、2021年度東京ゲームショウ音楽ステージにて編曲と演奏を手がけるほか、 ドラマ「パニックコマーシャル」、映画「音鳴り止まぬ」のテーマ曲に演奏参加。東京スクールオブミュージック専門学校音楽理論講師も務める。 こおろぎ社(KOROGI)公認アーティスト。
MuseMate「窪田想士のフュージョン監獄」レギュラー出演。

近藤 隆久 (Takahisa Kondoh)/
音楽を愛する者達のビジネス講座

2005年よりリットーミュージック刊ベース・マガジン編集部。2014年にベース・マガジン編集長、2019年よりベース・マガジン・プロデューサーとなる。
2021年に株式会社コルグに入社、コンテンツ・マーケティングなどを行なうほか、『あきらかにあきらのオンライン・ベース塾』の司会など多岐にわたる活動で、ミュージシャンから信頼を得ている。
https://twitter.com/konsun